なんで今頃 ずっとずっと

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

なんで今頃 

0号室の客の予約、セブンはまだかな?

セブンネットショッピング(旧セブン&ワイ)のDVDコーナーをうろちょろ。

ページ右端のDVD売り上げランキングをチェックしてたら。

なんでこれが?

ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY <限定版>icon

ちなみにピカ☆ンチは通常版がランクイン。
ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY icon

今頃限定版?
在庫本当にあるのかと半信半疑。

一応メーカーに在庫確認してから取り寄せって書いてあるけど、どうなんだろう。

通常版持ってるけど、限定版手に入れるべき?

あっと思ったらポチってしてた。

この手が!

以下、ちょっと追記。


嵐関連のDVD。
まだまだ売れてるみたい。

年末年始はオリコンの週間チャートが2週合算になるので、実際にどのくらい売れたのか全く想像つかない。たまに文教堂のチャートを見ながら、嵐の名前を見つけてはニヤニヤしてた。


文教堂:DVD:総合 当月ランキング
文教堂:DVD:総合 リアルタイム

クリップ集はまだ売れるだろうね。
国立やTime、いざなう、ハウズ・・・嵐のライブDVDは、最新のもの以外に過去を遡って売れるっていう現象は今までもあった。

ただ紅白が終わって年が明けたら、ちょっと怖くなってきた。
C×D×G no ARASHI!の名前まで出てきたよ。

そして嵐5人のドラマ「最後の約束」放送後には、映画のDVDまでもが。>今の所セブン限定だけど。

嵐、おそるべし。


嵐が今まで出た3本の映画。

私はファンになったのが遅かったから、どの映画を撮ってる時も、公開のときも、更にはDVDが発売になった時でさえもリアルタイムでは経験してない。後になってから、ちょこちょこと買ったり、人から譲ってもらったりしてどうにか揃えた。

好みってのもあるんだろうけど、ぐいっと引き付けられて一気に最後まで到達したのは、ピカ☆ンチだけ。

黄色い涙に至っては、そもそも買う目的が不純だったわけで。

ファンになって間もない頃、某先輩ファンブログで見てしまった禁断のキーワード。


おおのさとしのケツが拝めるって。
マジですか?

そりゃ見ないとね。

その頃普通に売ってた初回版のDVDと黄色い涙の写真集を一緒に注文。

当時、ライブのDVDしか買ったことが無かったので、映画とはいえ初回盤って高いんだねえ。(ドラマのDVD-BOXに手を出すと、この感覚も麻痺してしまうということを まだ知らなかった。)

まずは写真集を読んでから(写真も多いけど文字も多い)、DVDを鑑賞。
当初の目的を達成し、ちょこっと気を抜いたとたんいつの間にか寝てる始末。二日掛かりでやっと最後まで行った。

初めて見たときは、よくこんな地味でまったりとした映画を作ったもんだ。例え嵐ファンであっても若い人は受け入れられるんだろうか。

そんな後ろ向きの感想を抱いてしまったり。

でもこれが実際侮れない映画だったわけで。
後から妙にじわじわ来る。

なぜかわからないけど周期的にあの黄色い涙の空気に浸りたくなる時があって、そうなるともう見ずにはいられない。

不思議な味わいというか匂いがするような映画。甘酸っぱいというよりも、むしろしょっぱい感じ。すいません、私自身がどっぷり昭和世代なので、こんな表現で。


去年の年末だったか、黄色い涙のDVDを買うキッカケになった例のブロガーさんと電話をしたことがあった。最初は全く別の話をしてて、ふと思い出してその話をした。

あなたの書いたアレを読んで買っちゃったんだよ~って。

実際DVD買ってから約2年経ってたんだけど、またなぜか二人してあの当時にさかのぼって、ケツ談義を。

電話をすると、つい勝手に友達のように盛り上がってしまうんだけど、そんな某ブロガーさんは実は私の長女と同年代の方だったりする。

今も若いけど、このDVDを買った当時はおそらく二十歳前後。自分が心配してたはずの、そんな若い世代の方がきっかけでこのDVDを買ったのを忘れてた。

実は黄色い涙以外にも、ピカ☆☆ンチDVDとAAA2006(初回限定盤)のDVD、それから花男コミックス。嵐に関わるそれらのものを手に入れる時に、何故かわからないんだけど、それぞれのタイミングで関わってくれた人がいた。今も地味にその方たちと付き合いが続いてるってのが、うれしい。

あれ、DVDをきっかけに長々と思い出談義をしてしまった。


私は今朝たまたまピカ☆☆ンチDVDの初回限定版を見つけてしまって、勢いでポチっとしちゃったけど。

同程度の値段で通常版なら2種類の映画のDVDが買える。どの嵐の映画にも共通してるのが、例え1度目はしっくりこなくても、ある程度時間を置くと 何故だかまた無性に見たくなってしまうという、ある種不思議な魅力がある。

しかも なぜか嵐の露出が激しくなると、その周期がやってくるパターンが多い。

すいません。こんなこと書いちゃったけど、そんなの私だけかも。

映画のDVDはレンタルできるので、まずはレンタルしてみては?その後、あれれ~もしかして もう1回見たいかもって思ったら、再度レンタルで。

3回目が来たら、その時は観念するしかないかも。


先日の5人のドラマ「最後の約束」。
あれリアルタイムで見てたときは、嵐には萌えてもストーリー的には粗が目立ってて、実を言うと不満な点もあった。

それなのに、少し時間が経つと妙にじわじわと来る。
既に4回くらい見ちゃってる。

相葉ちゃんだっけ?
2度目、3度目も楽しめるって言ってたの。

あれ、当たってしまったよ。

○ 嵐出演映画のDVD(以下 楽天ブックス)
ピカ☆ンチ LIFE IS HARD だけど HAPPY
ピカ☆☆ンチ LIFE IS HARD だから HAPPY
黄色い涙

○ 映画関連の写真集
嵐04150515
ピカ・・ンチA to Z

黄色い涙の写真集は今の所、新品の在庫はなし。
黄色い涙―西暦一九六三年の嵐(Amazon マーケットプライス)

セブンネットはメール登録すると、タイミングによっては手に入る時も。大野くんの作品集は たまに補充がある。

ただセブンでも黄色い涙の写真集について、実際に補充があるのかどうかは不明。

黄色い涙 西暦一九六三年の嵐icon(セブンネット)
フリースタイル 大野智作品集icon(セブンネット)
関連記事
[2010/01/11 09:36] 嵐のDVD | トラックバック(-) | CM(4)
こんにちは、また来ました。ぴょんです。
「黄色い涙」私もおんなじです。

ずっとほっといて、ふっと見たくなる。
大チャンのおしりももちろんおいしいけど
なんかほっとするあの空気を感じたくなる。

昭和の香りぷんぷんのなかの嵐君たちが
なんかいいですね。

ここにきて、また見たくなっちゃいました^^。
[ 2010/01/11 20:35 ] ぴょん [ 編集 ]
はじめまして、こんばんは。
黄色い涙、私も定期的に何度も見返してしまいます。実はYukoさんが嵐を好きになりDVDや写真集を集めてらしたちょうど同じ時期、私も嵐を好きになり始めた頃でして、以前のはてなのブログでたくさん情報いただいてこっそりながら大変お世話になっていました。当時、なかなか手に入らなかったピカンチ岡本さん写真集・黄緑表紙のAAA写真集をはじめ、黄色い涙もYukoさんのおかげで初回盤を手に入れることができました。
私はオーディオコメンタリーが大好きで、自分の演技見て笑っちゃう大野さんをにのさんが最初はつっこんで笑ってるのに最終的に何で笑っちゃうか解説しだすところとか、圭くんが筆を折るシーンで監督とみんながここの演技が好きって言ってるところが特に好きです。
私もリアルタイムを知らない作品が多いので、特に映画は未だにDVD持っていないものも多いですが、Yukoさんの感想読ませていただいて購入した黄色い涙・初回盤はコメンタリー含めて私にとって凄く凄く大好きな大切な作品になりました。
この場をお借りしまして…とっても感謝しています。本当にありがとうございました。長々と失礼しました。
[ 2010/01/12 00:23 ] さとうみず [ 編集 ]
こんにちは。
ピカ☆☆ンチの限定版って、あの似てないフィギュアがついてる分ですね。
いつだったか忘れたけど、私も季節はずれに買って持ってます。
DVDは、どれも困ったことに1回見ただけで、ずっと嵐押し入れに入ったまま。
黄色い涙のコメンタリーも付いてることは知ってるのですが、付けて見たことないのですよ。
今年の目標にしようかな、「付けて見る」、「他のDVDもちゃんと見る」…。

そういえばYukoさんが超お勧めだったAAAの写真集、去年夏だかにひょいと買いました。
普通の本屋さんにアラシゴトと一緒に普通に平積みされていて、ささっと。
これも、いっぺん眼を通して、そのまま押し入れへ。
本棚に余裕がない。CD,DVDも含めて、なんとかしないと…これも今年の目標か。

新しいレコは、一応、編集とダビングはしてますよ。
嵐じゃないので取っておきたいのがあるから忙しかった。
ブルーレイのダビングは簡単でいいのだけど、DVDに落としておきたいのもあって、
画質を落とすことになるので1倍速で時間がかかります。
いちばん興味があったのは「日本と朝鮮半島」90分が9回分。
初回は逃したのですが、ブルーレイだと7回分が一枚に短時間に入って良かった。
ところがDVDに焼こうとしたら、予約のない深夜だけつかって二晩…
HDD録画を消すまで、どうしようか考えるのが大変でした。

いまのところは、嵐以外の方針は決めたのですが、嵐さんを今後どうするか、頭痛い。
旧レコをアナログの別のTVにつないで、嵐以外用に来年まで使おうかと考えて、
やはり止めました。予約だけでも面倒すぎる。
ところでBDに直接録画したら、10回分の情報もBDに載るのかしら? 取説読まなくちゃ。
…なんて思ってるところです。
[ 2010/01/12 12:26 ] Tosca [ 編集 ]
Yukoさん、こんばんは!
こちらではすっごくお久しぶりかも、鈴木です。
はい、「大野さんの踊れるおしり」に興奮していた私です。
今でも自分のあのエントリを読み返すと、全貌丸見えの櫻井さんそっちのけで
ムラムラしてたな・・・って思い出せます。
だって「全部見えてます」ってあえて太字にしてました。
そしてYukoさんがコメントくださった写真集の話を聞いて、私はそれを注文して手に入れたという経緯もあり。
約2年前ですか・・・そんなにたっているような気が全然しません。

「黄色い涙」、Yukoさんと電話でお話したときに、
すでに数日前に見たばっかりだったんですが、今またこのエントリを見て見たくなってきた・・・
「黄色い涙」って本当に不思議な映画です。
なんというか、テレビの前でずっと見つめているわけじゃなくて、
休日にだらーと部屋の掃除をしながら流したり、茶碗洗いながら音だけ耳で聞いていたり。
「空気に浸りたくなる時」、まさにそんな心持です。
お話したとき、Yukoさんともそうそう~って話をしていて、その時もなんだかその空気に
浸っているような気分になりました。

・・・明後日休みなので、スペシャルドラマと一緒に見返すと思います。
あと電話でお話すると私なんというか、Yukoさんと電話してるって超スゲー!と思いながらも
色々話しているうちに時間をすっかり忘れます。いつもありがとうございます^^
不思議&すごく楽しい。本当に勝手ながら、Yukoさんとは、
嵐さんを見るうえでのちょっとした視点、というかスタンスというか立ち位置というか、ツボなどがとっても近いなと思っています。
それでいて「ああ、そこがあったッ!」という話も聞けて新鮮です。
今年もどうぞ、よろしくお願いします。
[ 2010/01/12 23:29 ] 鈴木 [ 編集 ]
コメントの投稿













検索フォーム
ブログ全記事表示
月別アーカイブ
04  03  11  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
FC2カウンター



現在の閲覧者数:
プロフィール

Yuko

Author:Yuko
2007年10月、いきなり嵐の大野智くんのファンになりました。年齢別のカテゴリーは おばさんの部類です。

★嵐関連のブログ・管理人様へ
このブログへのリンクについては ご自由に 張ったり剥がしたりしてください。報告も必要ありません。反対に こちらのブログから 勝手にリンクさせてもらう時もありますが、もし ご迷惑な場合には すぐに対処しますので、メールフォームにてご連絡下さい。よろしくお願いします。管理人 Yuko


フリースタイル―大野智作品集 テンセイクンプー~転世薫風(初回限定盤) [DVD]


魔王 [DVD] 歌のおにいさん [DVD] 0号室の客 DVD-BOX1(3枚組)

「怪物くん」Blu-ray BOX 「映画 怪物くん」3D&2D Blu-ray
もう誘拐なんてしない Blu-ray特別版 鍵のかかった部屋 Blu-ray BOX
鍵のかかった部屋 SP [Blu-ray] 今日の日はさようなら [Blu-ray]
歌のおにいさん Blu-ray BOX 魔王 Blu-ray BOX

勝手にリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。